新生 タテヤマアドバンスのスタートにあたって

この春、タテヤマアドバンスは事業規模を拡大し、新組織体制にて再スタート致しました。

当社は昨年の6月に「東洋テルミー」「立山アルミのサイン事業」「ショップサービスタテヤマ」の三社統合によって誕生しましたが、今年4月1日より、さらに立山アルミの商業施設事業を統合し、三協・立山ホールディングスグループにおける商業施設関連事業を一つに集約した会社となりました。

今回の統合による最大のメリットは各サービスの連携強化を図れることです。 これまではお取引先に対して、看板・什器・メンテナンスの各担当者が個々に訪問し商談しておりましたが、この統合により各サービスを有機的に結び付けて提供していけるようになりました。

当社では今回の統合による相乗効果を最大限に発揮し、今後さらなる顧客満足度の向上を図っていきたいと思っております。

当社は「人間に快適な商業空間を創造するスペースクリエーター」を企業ビジョンとして掲げ、常にお客様と社会に貢献できる企業を目指し、社員一丸となって邁進していきたいと考えております。

今後ともご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ